お尻 黒ずみ

お尻の黒ずみがなかなかきれいにならないなら。

お尻の黒ずみがなかなかきれいにならないなら。
お尻に黒ずみができた場合の対策についてご紹介します。

 

お尻の黒ずみができる原因はさまざまです。
主な原因として
下着、ズボンの締め付け
長時間椅子に座っている
お尻ニキビの跡
があります。

 

 

順番に説明していきますね。

 

お尻の黒ずみができる原因

下着、ズボンの締め付けによる黒ずみ

下着やズボンのサイズが小さいと、摩擦が起こりやすくなります。
摩擦などの刺激を受けると、お肌からは肌を保護するためにメラニンが大量に分泌されるので、黒ずみができます。

 

この摩擦によってできた色素沈着は、色素が肌に定着してるために、元のきれいな状態になるには時間がかかります。
なので、普段からズボンはゆったりめを選ぶ、下着もサイズは体型に合ったもので、素材は天然素材のものを選んで、摩擦による刺激が起こらないように予防するといいですね。

 

長時間椅子に座ってできた黒ずみ

長時間座っていると、お尻の骨と椅子にお尻の皮膚が挟まり、その部分に摩擦が起こって黒ずみが起こります。
下着の場合と同様にメラニンが分泌されますが、さらに乾燥していると角質層を厚くしようとする働きがあるので、ざらざらしてきて象みたいなお肌になります。
色ももちろんくすみますし、黒ずみますよね。

 

椅子に長時間座る場合は、クッションをお尻に敷くと黒ずみができにくくなります。

 

 

お尻ニキビ跡によってできた黒ずみ

お尻にできたニキビや小さい赤いぶつぶつなどお尻になにか炎症が起こった時に、その跡が残ってしまって黒ずみになるケースがあります。
その場合はターンオーバーを正常に行うようにして、なにか化粧品をつかってかゆみが起こってる場合はすぐに使用をやめたほうがいいです。

 

 

 

お尻の黒ずみをきれいにする対策

刺激を与えない

お尻の黒ずみをきれいにするためには、何よりも刺激を与えないことが大切です。
下着なら、自分の体型にあった下着をつけること、
それから素材もナイロン系は皮膚よりも固い素材でできているのでどうしても摩擦が起こりやすいので、お肌にいい天然素材の下着をつけるのがおすすめです。

 

ズボンもスキニーなど体にフィットしたものいいですが、血行も悪くなるし体によくないです。
動くときに摩擦が起こってお尻に黒ずみができる原因になるので黒ずみに悩むなら違うズボンを選んだ方がいいですね。

 

それから!ボディタオルで体をゴシゴシ洗うのも摩擦が起こりますから気を付けてください。
お尻を洗うときも石鹸でしっかり泡を作ってから、その泡でやさしく洗ってあげてください。

 

 

余分な角質を取り除く

摩擦によって、メラニンと同時に角質化も起こりますから、この余分な角質を取り除いていきます。
お風呂で体を十分に温めてから、ピーリングジェルやスクラブを使ってやさしく角質を取り除いていきます。
一度に角質を取り除くことはむずかしいですから、あくまでもやさしく。

 

これも毎日すると刺激が強いので週に2,3回ほど行ってください。
早く角質を取り除くんだとゴシゴシこすってはまたそれで黒ずみができたりするので注意です。

 

 

たっぷり保湿

特に乾燥しやすいお風呂上がりにはたっぷりと保湿をします。
特にゴワゴワ角質ができる原因は乾燥ですので、保湿をすることで角質はだんだん改善します。

 

この時も普通のボディクリームでもいいですが、
お尻の角質層に保湿成分がしっかり浸透する保湿クリームがいいですね。

 

 

 

お尻の黒ずみはじっくりとケアする

黒ずみをきれいにするには時間がかかりますので、腰をしっかり据えてケアしていく必要があります。
ですが、根気よく続けていくと必ずきれいになってきますのであきらめないでケアしてくださいね。
焦らずにじっくりやさしくが黒ずみを解決するポイントです。

 

 

トップページへ

関連ページ

事務仕事でお尻に黒ずみが。きれいに治す方法
ちょっと待った!やばいよ。お尻がつっるつるになっちゃって夏が待ち遠しいわ〜♪お尻のぶつぶつに悩んでる女子も男子もいらっしゃい!お尻がきれいスベスベになる方法をご紹介します。普段のお尻ケア方法、お尻のぶつぶつにおすすめのクリームなど。お尻のぶつぶつがコンプレックスな人もこのサイトで解決♪
40代女性ですが、お尻の黒ずみが大変なことに。汚い・・・。
意外と多いお尻の黒ずみ。あまり日本ではお尻ケアが習慣化されていないのでお尻の皮膚トラブルを放置している人が多いです。