お尻 太もも ザラザラ

お尻と太ももの間のザラザラを早く治す方法〜つるつるすべすべになりたい。

お尻太ももざらざら

 

お尻と太ももの間のザラザラがすごく悩み。

 

ツルツルにしたい。

 

しかも

 

できるだけ早く!!

 

焦る気持ちはわかります。
脱ぐ予定(!)のある日が近ければ近いほど焦ります。

 

いつもきれいな私でいたいから。

 

でもね、

 

焦りは禁物です。

お尻太ももざらざら

 

お肌は機械じゃないのですぐには難しい。

 

無理やりスクラブで

 

ゴシゴシ

 

擦っては絶対にダメですよ。

 

お肌はなるべく刺激を与えずに保湿を与えるときれいになります。

 

これは顔でも体でもそうです。

 

今回はお尻と太もものざらざらについて詳しくみていきましょう。

 

しっかりケアして「ついつい触りたくなっちゃうスベスベお尻」にしちゃいましょう!

 

 

お尻と太ももの間にザラザラができる原因は?

お尻太ももざらざら

 

×長時間座っている
長時間座ることで、上体の体重がお尻に集中します。

 

それによって摩擦が起こりやすくなります。
血行も悪いので老廃物がたまってザラザラになります。

 

 

×肌と体に合ってない下着をつけている
まずナイロン製など化繊の下着は摩擦が起こりやすいのでザラザラの原因になります。

 

あと、サイズが小さいとお尻と太ももの間に食い込んで、これも摩擦が起こります。
黒ずみの原因にもなります。

 

 

×ナイロン製のボディタオルで体を洗っている
これも同じく摩擦が起こりやすいんです。
肌が濡れているとよけい刺激に弱いのでボディタオルは綿やシルク製がいいですよ。

 

 

×乾燥している
上のいろんな理由で乾燥するっていうのもありますけど、お肌は乾燥すると表皮のバリア機能が低下してしまいます。

 

そうなるとターンオーバーの機能がうまく働かなくなるので古い老廃物がたまりやすなって、ザラザラしてきます。

 

 

 

お尻と太ももをスベスベにする対策

お尻太ももざらざら

 

クッションを敷いて、座り方もちゃんとする

ざらざらができないためには

 

いかに刺激を減らすか

 

これです。

 

椅子を座るときにクッションを敷くようにしましょう。
クッションは低反発のクッションがいいです。

 

それから、座るときは深く座って上体の体重がお尻一点にかからないようにして、

 

お尻と太もも全体にかかるようにするとざらざら予防になります。

 

 

下着対策

素材は綿がいいですよ。断然。

 

それからお尻と太ももの境目にゴムが入ってない下着がいいですよ。

 

同じようなデザインでこちらがおすすめです。

 


 

 

お尻の形をきれいにする立体デザイン。
ずり上がらないので擦れにくいです。


 

はみ出しがちなお尻をまるっと包み込んでくれるからいいですね。

 

 

 

保湿をしっかりしよう

お尻太ももざらざら

皮膚が一番乾燥するお風呂上りに保湿をします。

 

ザラザラとかブツブツとか黒ずみとか
お尻の肌トラブルの原因は

 

乾燥

 

が原因のことはほとんどですから
保湿を心がけることで

 

肌のターンオーバーが正常になって肌が健康な状態になっていくので

 

おのずとお尻の肌がきれいになっていきます。

 

焦ってついついスクラブをやりすぎる

 

これは絶対にダメです。

お尻太ももザラザラ

 

肌が痛みます。

 

焦りは禁物です。

 

そう

 

急がば回れ

 

です。

お尻太ももザラザラ

あとは

 

お風呂上りに保湿クリームを塗るときに
マッサージするといいですよ。

 

血行がよくなりますからね。

 

血行がよくなることで
新陳代謝も促されますから

 

肌のざらざら予防になります。

 

>>お尻のざらざらを解決!マッサージ方法はコチラ♪

 

お尻太ももざらざら

使う保湿クリームは

 

お尻専用ケアのクリームがおすすめです。

 

お尻の皮膚が顔よりも分厚いですし、顔よりも雑菌の多い環境にいるんです。

 

お尻の分厚い皮膚にも有効成分が浸透して保湿力の高いクリームがいいですよね。

 

寝る前にお尻に塗っておくだけで、寝ている間の保湿ケアはバッチリです。

 

お尻太ももザラザラ

普段見えないところもきれいにしたいですよね。
触らずとも、みるだけで

 

つるつるなお尻

 

になるようにケアしてみてください^^

 

お尻ケアクリーム人気ランキング

 

page top