お尻 ガサガサ 乾燥 対策

お尻がガサガサ!乾燥がひどい時の対策方法

お尻がガサガサ!乾燥がひどい時の対策方法

冬になると肌トラブルで一番気になるのは

 

乾燥

 

ですよね。

 

顔をはじめいろんな場所の乾燥が気になるんですけど、実はお尻も乾燥しやすい時期なんですよ。

 

(心もカサカサだし)

おしり乾燥

 

「春になると乾燥もよくなるかな?」

 

と何もしないと露出する季節になってもお尻がいつまでもガサガサすることもあるので、そのまま放置せずにケアをしましょう。

 

お尻がガサガサって触り心地がすっごい良くないんですよね・・・。

 

 

お尻がガサガサになる原因

お尻ガサガサ

コタツ

寒い季節、こたつって最高ですよね。一度入ると二度と出たくありません。トイレも最大限我慢します。

 

でもお尻の皮膚には結構負担がかかるんですよね。

 

理由は、長時間座ることと温度ですよね。
お尻が温まることで肌が乾燥しやすくなります。

 

そして、肌が乾燥するとバリア機能が低下します。
べちゃっと床に座っている状態ですから、お尻の肌が摩擦を受けやすい状態です。

 

摩擦と乾燥がお尻のゴワゴワの原因になりますし、角質が分厚くなることでブツブツや黒ずみになっていく可能性が大です。

 

これは、電気カーペットも同じことが言えます。
座布団型の電気カーペットもあったかいんですけど、お尻が乾燥する原因になりますよね。

 

 

ターンオーバーの乱れ

血行不良になって新陳代謝が低下します。

 

そうなると、古い角質がいつまでも肌に居続けるのでゴワゴワになります。
毛穴に皮脂が詰まってニキビができることもあります。

 

さらにメラニン色素が分泌されるために黒ずみができやすくなります。
下着のラインの部分に黒ずみができることもありますよ。

 

この場合も乾燥してなかなかターンオーバーがされないと、この黒ずみが表面にでて排出されるんではなくって、逆に奥に入り込んでしまうんです。

 

これは大変です。
黒ずみがなかなかきれいにならないのはこれが原因なんですよね。

 

おしり乾燥

 

イザって時に、お尻がガサガサして手触りすんごい悪いと・・・困る!

 

それじゃなくてもお尻はプルプルうるおってほしい。

 

 

それなら対策をしましょう。

 

 

お尻のガサガサ対策

お尻ガサガサ

下着

これは大切。
いつも肌に近い存在ですから、素材にはチェックです。

 

ナイロンなどの化繊系のショーツはおすすめできません。

 

肌よりも繊維が硬いので、肌と摩擦が起こりやすく炎症が起こりやすいです。お尻のごわつきが気になるなら化繊系のショーツはやめましょう。

 

綿・シルクなどの天然素材がおすすめです。

 

※綿のショーツでも縁の部分にレースがついてるのも注意ですよ。レースの素材が化繊の場合が多いですからね。

 

 

お尻がごわついてるからスクラブをしたほうがいい??

スクラブを使って古い角質を取り除くことでつるつるになりますが、あくまでも一時的。無理やり古い角質をとると、まだ生まれたばかりの細胞がなんの抵抗力もなく表面に出てくるのでたちまち乾燥してしまうんです。そしてまたごわつく原因になります。

 

なので、スクラブはあまりおすすめできません。肌には強く刺激を与えないのが一番いいです。

 

それよりも保湿をしっかりすることが大切です。
>>お尻のザラザラを予防する方法についてはコチラ

 

 

保湿

 

乾燥してるから何よりも保湿は大切。
血行が良くなっているお風呂上りに保湿剤を使って保湿しましょう。

 

保湿がきちんとされると

 

ターンオーバーが正常化されてごわつきを予防できますし、保湿をすることでバリア機能がアップして外部からの刺激に強くなります。

 

ごわついて分厚くなった角質にもしっかり成分が浸透する保湿クリームを使うといいと思います。

 

一緒にメラニンの生成を抑えて、ニキビを予防する成分が入ってるといいですね。

 

体を温めることも大切ですけど、その分乾燥対策もしっかりしてお尻のガサガサを解決することも大切。

 

この季節にあらかじめケアをすることで、露出する季節になっても怖くないですよ(・∀・)

 

 

 

 

お尻ケアクリーム人気ランキング

page top